Jan Feb Mar Apr May Jun Jul Aug Sep Oct Nov Dec
May 2018
Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat


1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

Monthly List
Write


■2006 May 9(Tue)

『なぜ美味しいのか・・・』

今日は大阪は吹田市へ商談に出かけました。
若いブーランジェが新たにお店をオープンさせます。

オープンは今月末頃になると思います。
詳細は後ほど公開したいと考えています。

商談が終わって遅いランチを『アビアント』さんのパンで済まそうと考えα号を走らせましたが・・・
臨時の3連休!!!( ̄□ ̄;
どうにもこうにも納得がいかず・・・こうなりゃ『シュクレ』さんじゃ――!!

おおっ!!今日はクロワッサンもあるし、色々種類が豊富ですよ!ジュル・・

まずはクロワッサンを3個キープ♪

う〜〜ん悩む^^;

そうだ!そば粉のバゲットは?聞くと土日限定だそうな・・(><)

一緒に悩んでたカップルが何やら質問し始めました・・・
すると奥から・・・岩永シェフが登場!むむっ!!!キラ〜ン☆
セーグル生地について喋り始めましたよ・・
パンを選ぶのそっちのけで我の耳はダンボ化!!!笑
ウンウンと勝手にあいずち打ったり^^;
何とかパンを選び終わり、こうなりゃって事でシェフへ声かけました。
するとどうしてこうして・・・

熱心に受け答えして頂けました♪

先日行ったパリでの話、カイザーでの修行時代の話、現在の活躍するブーランジェ達の話、シェフのパンに対する思い入れなど・・・

あっと言う間に1時間ちかく喋ってました♪
日本においてメゾンカイザーの味を継承する岩永シェフ!
ブーランジェとしての地位の向上を目指し、新たなる味を求めて探求する姿勢、そしてそのすべてを後世に伝えようとする姿勢・・・どれをとっても素晴らしい!!!!
人として懐の広さに感動した私。

美味しくない筈がない!!!キッパリ

こだわりを持ち、己を信じてパンを作る姿勢が素晴らしい。
だからみんなシュクレさんのパンを食べて感動するんですよ。
今日は素晴らしい日となりました( ̄^ ̄)

話に夢中になってパンの名前を忘れた(汗)

左から「クロワッサン・マッチャ」

サクサクしたクロワッサン生地に抹茶のペースト?が折り込まれ、アクセントにおそらくダイス状のサツマイモ?がトッピングされていました。
甘すぎず、ほんのりした苦味と発酵バターの香りがうまく調和していろと思います。和風に感じさせないところがニクイねぇ〜!♪

上「セーグル・キャラメル・・」
セーグル生地にキャラメルが練り込まれてると思います。
クルミやヘーゼルナッツ、フィグが包まれています。
非常にしっとりした生地で、ライ麦の粉の味を感じさせない食べ易い味だと思います。モチモチした食感かな?
でも私はどうも苦手なんですよねぇ・・このベタつき感^^;

下「セーグル・バナナ・・」
新製品だということで買ってみました。
バナナのカットをそのまま包んで焼いているのでしょうか?
中からジュワッとバナナ出てくる感じ。これまた不思議な味です^^;
甘いような・・それでいて濃厚な・・クラストとクラムのアンバランスさも楽しいパンでした。

「クロワッサン」
これは説明など必要ないと思うぐらい有名ですよね。
岩永シェフ曰く「クロワッサンの美味しさは外側のサクサク感と内層のしっとり感にある」この言葉を聞いてやっぱり私の中でシュクレさんが1番だと改めて感じました。美味しいパンを焼くシェフと同じ感性を持っている?と思えただけで嬉しい私です(笑)

「バゲット」
あえて天然酵母であると主張しない。頑固に守る製法に味・・・
焼き立てを買えたので、早速α号の車中でガブリ!!!
カシュッ♪パリで食べた時と同じ音がした!
ルヴァンの酸味もこのぐらいだったかな・・?などとパリを思い出しながら一人ニヤニヤしてましたとさ♪尖がった先も最高っす!
今日は思わぬ事態になって個人的に楽しい日となりました。

特派員の皆さん、心配ご無用!岩永シェフにはみんなで押しかけるかもしれません!と申し入れてきましたからね^^
今度の食べ歩きは是非、大阪の北方面にしましょう!!!

余談ですが、シェフって背が高いですね^^;私も高い方(181cm)ですがもっとあるのかなぁ・・?

男性の方、シュクレさんはパンも美味しいですが、何よりシェフの妹さんが
とにかく美人です!キッパリ
見惚れてパンが選べなかったのは内緒(爆)^^;
Delete

- lldiary 1.1.0 -